平均思考は捨てなさい 出る杭を伸ばす個の科学 [ トッド・ローズ ]

出る杭を伸ばす個の科学

目次は次のとおりです。

はじめにーみんなと同じになるための競争
第1部 平均の時代
(平均の発明/私たちの世界はいかにして標準化されたか/平均を王座から引きずりおろす)

第2部 個性の原理
(才能にはバラツキがある/特性は神話である/私たちは誰もが、行く人の少ない道を歩んでいる)

第3部 個人の時代
(企業が個性を重視すると/高等教育に平均はいらない/「機会均等」の解釈を見直す)

平均身長、平均点、平均年収、平均層…
私たちのものの考え方や価値観には、「平均」を基準に据えるという手続きがデフォルトにようにしみついています。
しかし、この「平均思考」が害をなすとしたらどうだろう?
ハーバード教育大学院で“個性学”プログラムを推進するローズ氏は、この「平均思考」がいかに大きな障害となりうるかを歴史的経緯と最新研究、具体的な事例をもって説きます。
そして平均思考を排して成功した実際の学校や企業の例を通じ、自己のユニークネスを理解し、個性を存分に発揮することで人生で優位に立つヒントとなる3つの原理、すなわちバラツキの原理、コンテクストの原理、迂回路の原理を紹介します。
「個性を生かす」というのは建前ではなく現代人が生き残るうえで必須であると納得できる啓発の書です。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「平均的な人間は存在しない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平均思考は捨てなさい 出る杭を伸ばす個の科学 [ トッド・ローズ ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13066

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2017年10月10日 04:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット [ 佐久間健一 ]」です。

次のブログ記事は「わかる!! できる!! 売れる!! 販売員の教科書 [ 鈴木比砂江 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01