昨日までの世界(下) 文明の源流と人類の未来 (日経ビジネス人文庫) [ ジャレド・ダイアモンド ]

文明の源流と人類の未来

目次は次のとおりです。

第4部 危険とそれに対する反応
(有益な妄想/ライオンその他の危険)

第5部 宗教、言語、健康
(デンキウナギが教える宗教の発展/多くの言語を話す/塩、砂糖、脂肪、怠惰)

エピローグ 別の空港にて

現代西洋社会の特徴はインターネットや飛行機といった技術や、中央政府や司法といった制度ばかりではない。
オフィス労働から生まれる疾病や、宗教の役割の変化もまた、現代西洋社会の特徴である。
人生の大半をニューギニアなどの伝統的社会の研究に捧げてきた著者が、
現代西洋社会に住む私たちが学ぶべき人類の叡知を紹介する書です。
面白い切り口の本です。

<印象に残った一文>
「あらゆる人間の社会は、現代社会に移行した後の期間よりはるかに長い時間を伝統的社会の中で過ごしてきた。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 昨日までの世界(下) 文明の源流と人類の未来 (日経ビジネス人文庫) [ ジャレド・ダイアモンド ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13116

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2017年10月25日 18:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大人のための社会科 [ 井手 英策 ]」です。

次のブログ記事は「60歳からの幸せ臨終学 [ 志賀貢 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01