「話し方」の心理学 必ず相手を聞く気にさせるテクニック (日経ビジネス人文庫) [ ジェシー・S・ニーレンバーグ ]

必ず相手を聞く気にさせるテクニック 

目次は次のとおりです。

人とわかりあうことのむずかしさ
会話に乗ってもらうために
人の考えを引き出す

人の感情にどうむきあうか
言葉に託されたメッセージを読む
思考を伝え、相手からフィードバックをもらう

話を聞いてもらうために
頭をはたらかせる
相手の抵抗にどう対処するか

発言の意図をつかむ
会話におけるギブ・アンド・テイク
複数の聞き手に意志を伝える/説得の手法

そもそも人と人がわかりあうのは大変なこと。
聞く気のない相手の注意を引きつけるには?
言いたいことをストレートに伝えるには?
頑迷な相手を説得するには?
半世紀にわたって全米で読み継がれてきたビジネス&コミュニケーションの古典的名著です。
色々なヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「会話とは、感情を発散するための最強の手段である。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「話し方」の心理学 必ず相手を聞く気にさせるテクニック (日経ビジネス人文庫) [ ジェシー・S・ニーレンバーグ ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13301

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2017年12月31日 18:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「系図」を知ると日本史の謎が解ける (青春新書インテリジェンス) [ 八幡和郎 ]」です。

次のブログ記事は「10倍速く書ける 超スピード文章術 [ 上阪 徹 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01