いつでも死ねる [ 帯津良一 ]

生きるのがすーっと楽になる人生の極意

目次は次のとおりです。

第1章 挫折を知る人ほど、大輪の花を咲かせる
(権威におもねることなく、反骨心をもつことで本質が見えてくる。/挫折は宝物。人の痛みがわかるすてきな人になれる。 ほか)

第2章 あきらめない、こだわらない
(あきらめない気持ちがあるかぎり、奇跡は起こる。/「絶対に効く」治療法もなければ、「絶対に効かない」治療法もない。 ほか)

第3章 日々、ときめいて生きる
(全力で仕事をしたあとに飲むビールは、からだにもこころにもおいしい。/どんなに嫌なことがあっても、一日の終わりにはすっぱりと忘れて、新しい自分と交代する。 ほか)

第4章 上手に恋する「粋な人」
(恋は、生きる上で最高のエネルギー源になる。/お金やおしゃれな服を持っている人ではなく、高い志を持っている人が魅力的な人。 ほか)

第5章 凛として老いる
(あれはだめ、これはだめと窮屈に生きるより、やりたいことをやるのが、すてきな年の重ね方。/理想を持って、死ぬまで進み続けて、志半ばで倒れるのが、かっこいい。 ほか)

挫折していい。
不安定でいい。
怖くていい。
それでも、人は凛として生きていける。
50年以上、がん治療の最前線で「いのち」と向き合ってきた名医が伝授する、
生きるのがすーっと楽になる人生の極意です。
色々なヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「人間はからだ、こころ、いのちの統合体です。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: いつでも死ねる [ 帯津良一 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13337

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年1月12日 05:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「重力で宇宙を見る 重力波と重力レンズが明かす、宇宙はじまりの謎 [ 二間瀬 敏史 ]」です。

次のブログ記事は「大人の語彙力が面白いほど身につく本<LEVEL2> (青春新書プレイブックス) [ 話題の達人倶楽部 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01