がんが自然に治る生き方 [ ケリー・A.ターナー ]

余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと

目次は次の通りです。

第1章 抜本的に食事を変える
第2章 治療法は自分で決める
第3章 直感に従う

第4章 ハーブとサプリメントの力を借りる
第5章 抑圧された感情を解き放つ
第6章 より前向きに生きる

第7章 周囲の人の支えを受け入れる
第8章 自分の魂と深くつながる
第9章 「どうしても生きたい理由」を持つ

自己治癒力をオンにする食べ物、治療法、生きる姿勢とは?
余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと。
目からウロコの情報が満載です。
父と妻をがんで亡くし、がんについてはいろいろ学んできましたが、この本は本物だと思います。

<印象に残った一文>
「がん細胞はブドウ糖を代謝しないと生きられない、砂糖を餌に生育しているのだ」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: がんが自然に治る生き方 [ ケリー・A.ターナー ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13495

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年3月19日 05:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「基礎からわかる 人相学の完全独習 [ 黒川 兼弘 ]」です。

次のブログ記事は「心と生き方 [ 稲盛和夫 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01