生きている会社、死んでいる会社 「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則 [ 遠藤 功 ]

「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則

目次は次の通りです。

第1部 会社はどうあるべきか
(「会社とは何か」を明らかにする/創造的新陳代謝/「会社の構造」を正しく理解する)

第2部 「生きている会社」になるには何が必要か
(「生きている会社」の必要条件/「生きている会社」は「熱」を帯びている/「生きている会社」は「理」を探求している/「生きている会社」は「情」に充ち溢れている)

第3部 どうすれば「生きている会社」をつくることができるか
(実践すべき「10の基本原則」/「突破するミドル」をつくる/経営者の仕事とは何か)

経営コンサルタント30年の集大成!
事業、業務、組織、人ー4つの「新陳代謝」で会社は強くなる。
働き方が変わる!新しい組織論です。
色々なヒントが詰まっています。
この本はかなりいい本で、おすすめです!

<印象に残った一文>
 「真に生きている会社とは、挑戦―実践―創造―代謝という循環が回り続け、常にデーワンの状態を保っている会社である。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 生きている会社、死んでいる会社 「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則 [ 遠藤 功 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13564

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年4月14日 05:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「伝わる技術 力を引き出すコミュニケーション (講談社現代新書) [ 風間 八宏 ]」です。

次のブログ記事は「生きて還る 完全試合投手となった特攻帰還兵 武智文雄 [ 小林 信也 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01