宗教の見方 人はなぜ信じるのか [ 宇都宮輝夫 ]

人はなぜ信じるのか

目次は次のとおりです。

第1章 はじめに:宗教の普遍性
第2章 宗教とは何か:常識を疑い、吟味する

第3章 宗教概念批判とその吟味
第4章 宗教と非宗教の境界

第5章 信じるとはどういうことか
第6章 宗教の構成要素

第7章 宗教の機能
第8章 宗教の諸理論

宗教とは何か、
なぜ人は宗教を信じるのか、
信じてどうなるのか。
根源的な問いを非宗教的な態度で論じる
、宗教に初めて触れる学生に向けた概論書・入門書です。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「この世にあるもので、他と関連しないものは何もない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 宗教の見方 人はなぜ信じるのか [ 宇都宮輝夫 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13537

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年4月 4日 08:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい [ 小林弘幸(小児外科学) ]」です。

次のブログ記事は「つらいと言えない人がマインドフルネスとスキーマ療法をやってみた。 [ 伊藤 絵美 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01