「日本人」は変化しているのか 価値観・ソーシャルネットワーク・民主主義 [ 池田 謙一 ]

価値観・ソーシャルネットワーク・民主主義

目次は次の通りです。

第1部 価値観とソーシャルネットワーク
(経済環境と市民的価値観の変容/「東アジア的」な価値観とソーシャルネットワークは民主主義と両立するか/文化的自己観との関連に見る日本人の価値観/「つながりやすい」職業は存在するか?-職業ネットワークとジェンダーの関係から)

第2部 2010年代初頭のメディア・制度信頼・民主主義
(2010年代初頭の日本におけるマスメディアとオルタナティブメディアの補完関係/政治状況と内閣支持/投票外参加と価値観/民主主義観と信頼の現在/ナショナリズムの浮上)

本書が取り上げる調査の時期、
2010年から2013年の日本社会は、国内では東日本大震災の前後を挟むとともに、
民主党から自民党への政権交代が行われた時期にあたる。
対外的には近隣の韓国や中国、ロシアとの間で大きな摩擦が生じた時期であり、
日本人の心理や環境も大きな節目を迎えていた。
この国に住む人々の価値観やその変化を描く書です。
色々な気づきを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「一貫してポジティブな楽天主義がナショナリズムと正相関している。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「日本人」は変化しているのか 価値観・ソーシャルネットワーク・民主主義 [ 池田 謙一 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13587

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年4月21日 09:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SNSをめぐるトラブルと労務管理 [ 高井・岡芹法律事務所 」です。

次のブログ記事は「江副浩正 [ 馬場 マコト ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01