脳から身体を治す 世界のエリートは知っている最高の健康法 (新書656) [ 久賀谷亮 ]

世界のエリートは知っている最高の健康法

目次は次の通りです。

第1章 悪いのは身体ではなく“脳”だった
第2章 いま世界が注目する「脳を整える」方法
第3章 常識を変えた「先端医療」とは

第4章 脳から不調を治す
第5章 「バランス脳」をつくる習慣
第6章 一人でできる「脳の育て方」

慢性の痛み、うつ、疲労、だる重、認知症…。
明らかな問題が見つからないにもかかわらず、なかなか改善しない症状の多くに、脳が関わっていることがわかってきた。
日米で25年以上のキャリアをもつ医師が、「脳から健康になる」メカニズムを解説。
さらに、普段から一人で取り組める「バランス脳の作り方」についても紹介してくれます。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「身体の痛みについては、それを感知する脳に変化が起きています。継続する痛みによって脳のある部分がバランスを崩し、痛みを引き起こしていたのです。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 脳から身体を治す 世界のエリートは知っている最高の健康法 (新書656) [ 久賀谷亮 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13654

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年5月10日 06:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「誰もが嘘をついている ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性 [ セス・スティーヴンズ=ダヴィドウィッツ ]」です。

次のブログ記事は「「東洋」哲学の根本問題 あるいは井筒俊彦 (講談社選書メチエ) [ 斎藤 慶典 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01