「関ケ原」を読む 戦国武将の手紙[本/雑誌] / 外岡慎一郎/著

合戦の深層に迫る

慶長5年9月15日「天下分け目」の関ケ原合戦。
そこに至るまでに陣営間を飛び交った武将たちの手紙を紹介し、
さまざまな人の動き、彼らの思惑と計略、迷いと決断をとらえ、合戦の深層に迫る書です。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「官僚はモノとコトを見るけれど、政治家は人を見る。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「関ケ原」を読む 戦国武将の手紙[本/雑誌] / 外岡慎一郎/著

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13676

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年5月15日 15:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「女性のうつ病 (よくわかる最新医学シリーズ) [ 野田順子 ]」です。

次のブログ記事は「羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界 (集英社新書) [ 高山 真 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01