政治人生 国難を憂い、国益を求む (中公新書ラクレ) [ 鈴木 宗男 ]

国難を憂い、国益を求む

目次は次の通りです。

第1章 「国益」とは何ですか
(「官邸に来てください」/国益の意味合い ほか)

第2章 外交のすすめ
(鈴木宗男事件とは何だったのか/外交とインテリジェンス ほか)

第3章 日本とロシアのこれから
(安倍晋太郎とゴルバチョフ/「時間はかかってもいいから、北方領土問題を解決してくれ」 ほか)

第4章 あるべき政治家像
(父にできなかった親孝行/中川一郎に捧げた秘書人生 ほか)

第5章 私には夢があるー国難の時代の政治
(北海道は食料自給率200%/過疎のスパイラルに陥る地方 ほか)

目の前の国難に対して政治と外交が果たすべき役割は大きい。
多極化の時代、転換期に突入する世界をどう読むか。
国内では少子高齢化が進み、農業・教育問題も対応が迫られる。
北海道に生まれ、政治家にあこがれた少年は後に代議士となり、長い年月「国益」を追求して政治の道を歩んできた。
日本をよりよくしたいとの思いを胸に、鈴木宗男がこれからの政治と外交を熱く語る。
混迷する政治に対して未来を見据えた政策を提言する書です。
いろいろな気づきを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「日本の美徳、日本の道徳、日本人らしい生き方、考え方。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 政治人生 国難を憂い、国益を求む (中公新書ラクレ) [ 鈴木 宗男 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13703

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年5月24日 08:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スマホが学力を破壊する (集英社新書) [ 川島 隆太 ]」です。

次のブログ記事は「子どもと接するときに ほんとうに大切なこと [ 田中 博史 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01