全盲の僕が弁護士になった理由 あきらめない心の鍛え方 [ 大胡田誠 ]

あきらめない心の鍛え方

目次は次の通りです。

序章 ある受刑者からの手紙
第1章 全盲弁護士の仕事術
第2章 光を失って

第3章 司法試験
第4章 家族
終章 見えない壁を打ち破る

全盲でどう司法試験を突破したのか?
証拠写真をいかに読み解くのか?
顔を見ずに依頼人の心を読むテクニックとは?
ネットやパソコンをどう使うのか?
苦難をエネルギーに変える思考法とは?
「あきらめない心」を育んだ両親の教えとは?
「だから無理」より「じゃあどうする」のほうが面白い。
色々なヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「人が心と感じるものは体のどこかにあるのではなくて、誰かのことを思ったときに、その人との間に感じる感覚だ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 全盲の僕が弁護士になった理由 あきらめない心の鍛え方 [ 大胡田誠 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13757

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年6月12日 18:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クウェート王室付きの元教師が見つけた日本だから感じる88の幸せ [ 石黒マリーローズ ]」です。

次のブログ記事は「サイコパスの真実[ 原田隆之 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01