カラー図解 分子レベルで見た体のはたらき いのちを支えるタンパク質を視る (ブルーバックス) [ 平山 令明 ]

分子レベルで見た体のはたらき いのちを支えるタンパク質を視る 

目次は次のとおりです。

体の中で働く分子
遺伝や情報を制御する分子
食物を消化する

エネルギーを作るための分子
体内で分子を変換する
物質を運搬する分子

外敵から守るための分子防衛群
体の働きを調節する分子

「生命」とは何だろう?
 生命とは、無数の「タンパク質分子」が織りなす、驚くほどの秩序を持った化学反応です。
遺伝情報の制御、情報伝達、食物の消化、ATPの生産、免疫、物質の変換と循環など、
生命の営みに必要な全ての化学反応が、
DNAに書かれているわずか20種類のアミノ酸からなるタンパク質によって、瞬時も休まず行われています。
では、タンパク質は「なぜ、そのように働くことができる」のでしょうか?
 それには、タンパク質の立体構造が大きく関わっています。
最新のX線結晶解析とバイオサイエンスによって明らかにされた生命を司るタンパク質を、
119点の高精細3Dカラー図版を使って、その働きと働く仕組みを解説します。
 さらに、無料でダウンロードできる『分子グラフィック・ソフトウェアCCP4mg』の使い方と、
「PDBデータのダウンロード方法」も解説しているので、
自分のPCで確認しながら、より深く理解することができます。
目からウロコの情報が満載です。

<印象残った一文>
「私達の身体の単位である細胞に平均的に含まれている分子を見ると、重量においてタンパク質が水についで多い。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: カラー図解 分子レベルで見た体のはたらき いのちを支えるタンパク質を視る (ブルーバックス) [ 平山 令明 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13828

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年7月15日 05:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「考える力」トレーニング 頭の中の整理法からアイデアの作り方 (知的生きかた文庫) [ 白取 春彦 ]」です。

次のブログ記事は「もうひとつの脳 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」 (ブルーバックス) [ R・ダグラス・フィールズ ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01