経済で読み解く豊臣秀吉 [ 上念司 ]

「織豊時代」を学べば、現代日本を救える

目次は次のとおりです。

信長と秀吉

第1部 「貨幣制度」が歴史を作る
(「悪貨」が「良貨」を駆逐する?/東アジアの貿易メカニズム)

第2部 秀吉の国内政策
(信長の遺志を受け継いだ秀吉/牙をぬかれた寺社勢力)

第3部 秀吉の対外政策
(キリスト教国の脅威/「朝鮮出兵」失敗の本質)

ビジネスモデルを変えた天下人・秀吉の国内&対外政策とは?
朝鮮半島ではなく、マニラを攻撃していれば、世界地図は塗り替わっていた…!?
足利家滅亡から本能寺の変、山崎の戦い、検地・刀狩、対キリシタン、朝鮮出兵まで、
国防の本質を“経済的視点”で描くー。
「織豊時代」を学べば、現代日本を救える!!
目からウロコの情報が満載です。

<印象残った一文>
「これまで勝ちパターンだったやり方が、ある条件が変わると突然負けパターンになる。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 経済で読み解く豊臣秀吉 [ 上念司 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13887

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年8月 3日 09:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門 [ 廣末紀之 ]」です。

次のブログ記事は「渡部昇一の世界史最終講義 [ 渡部昇一 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01