オリンピック恐慌 (幻冬舎新書) [ 岸博幸 ]

現代を生き抜くための指南書

目次は次のとおりです。

第1章 日本経済の再生に残された時間はあと2年
第2章 日本経済の低迷の原因は政策だけではない
第3章 年金はもらえるのか、社会保障は大丈夫なのか

第4章 稼ぐ力を身につけようーいかに自分の生産性を高め、いかに長く働けるようにするか
第5章 資産運用の力を身につけよう
第6章 スマホの使い過ぎは人間の能力を低下させる

多くの人が実感できないまま好景気は続くが、それも東京五輪までだ。
五輪特有の盛り上がりが終われば経済が厳しい局面に入るのは過去の各国の例でも明らか。
五輪終了までに企業の生産性向上や膨張する年金・医療の社会保障費見直しに向け、政治家、官僚らは改革を断行する必要がある。
個々人は来る危機に備え「稼ぐ力」を今こそ身につけたい。
年金に頼らず75歳まで働くことも想定すべきだーー。
経済政策に長く携わってきた著者が五輪特需や直近の株価ばかりに目が向く風潮に危機感を募らせて書き下ろす、現代を生き抜くための指南書です。
色々なヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「学校教育でのデジタル機器の使いすぎは逆効果」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: オリンピック恐慌 (幻冬舎新書) [ 岸博幸 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13931

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年8月18日 04:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「昭和プロ野球の裏側 友情と歓喜のドラマの裏に何があったのか? (廣済堂新書) [ 衣笠祥雄 ]」です。

次のブログ記事は「AI戦争論 進化する戦場で自衛隊は全滅する [ 兵頭二十八 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01