学問の発見 数学者が語る「考えること・学ぶこと」 (ブルーバックス) [ 広中 平祐 ]

数学者が語る「考えること・学ぶこと」

目次は次のとおりです。

第1章 生きること学ぶこと(創造の発見/人生の師 ほか)
第2章 創造への旅(創造することの喜び/友と自分の間 ほか)

第3章 チャレンジする精神(逆境と人間/創造と情念 ほか)
第4章 自己の発見(「自分」という未知な存在/耳学問の時代 ほか)

数学の世界で画期的な業績をあげた学者に与えられるフィールズ賞。
代数幾何の分野、特異点解消の業績でこの賞を受賞した著者が語る「学問とは、創造とは何か?」
父や母、友について語り、大学で数学者の道を志し、米国留学で研究を続け、
ついに「特異点解消」の定理を完成させるまでの数々の失敗と挑戦を語る。
ここに、真の「学問の姿勢」が浮かび上がります。
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「人間には悪い性格がある。考えないですむ方法がないかと一生懸命に考える。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 学問の発見 数学者が語る「考えること・学ぶこと」 (ブルーバックス) [ 広中 平祐 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13991

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年9月 3日 05:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「歴史は実験できるのか ーー自然実験が解き明かす人類史 [ ジャレド・ダイアモンド ]」です。

次のブログ記事は「お金で損しないシンプルな真実 人生を自由に生きたい人はこれだけ知っていればいい [ 山崎元 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01