世界が感動する日本の「当たり前」 (小学館新書) [ マンリオ カデロ ]

駐日大使の「トップ」が語る新日本論

目次は次のとおりです。

序章 日本の「当たり前」が、世界では素晴らしい
第1章 世界が求めている神道の精神
第2章 それでもMade in Japanは尊敬される

第3章 世界を魅了する和食
第4章 世界が憧れる日本の旅
第5章 外交官の使命と国際情勢

駐日大使154人の代表、駐日外交団長となって7年となる著者は、日本人以上に日本への造詣が深い。
母国サンマリノ共和国に伊勢神宮由来の神社が創建されたこと、また、『ニッポンまつり』を毎年開催できることを「光栄なこと」と喜ぶ。
20年に一度行われる伊勢神宮式年遷宮の儀にも招待されるなど、外国人でありながら日本の文化や精神性に精通している。
駐日外交団長として天皇皇后両陛下へ拝謁する機会も多く、毎年12月の天皇誕生日「茶会の儀」では大使の代表として祝賀スピーチの大役を仰せつかっている。
著者は、日本人が「当たり前」に思っている事象の中に「日本の真価」を見いだす。
そして、世界を魅了し続ける日本の文化、精神性、神道、観光資源を外交官の目で分析し、建設的な意見を提言。
そして、2020年4000万人インバウンド時代に向け、日本がもっと自信を持つよう勇気づける。
世界初の大使館や大使についての歴史、外交官の使命、駐日外交団の役割など、知られざる外交官の仕事についても明らかにする。
「日本の『当たり前』は世界では素晴らしいこと」と語る親日外交官による新日本論です。
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「大使は政治家ではありません。大使館という名の船長です。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 世界が感動する日本の「当たり前」 (小学館新書) [ マンリオ カデロ ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13997

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年9月 5日 05:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人材派遣のことならこの1冊 (はじめの一歩) [ 岡田 良則 」です。

次のブログ記事は「自分のことだけ考える。 無駄なものにふりまわされないメンタル術 (ポプラ新書) [ 堀江 貴文 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01