東芝事件総決算 会計と監査から解明する不正の実相 [ 久保 惠一 ]

会計と監査から解明する不正の実相

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東芝事件総決算 会計と監査から解明する不正の実相 [ 久保 惠一 ]
価格:2592円(税込、送料無料) (2018/8/14時点)


目次は次のとおりです。

第1章 発覚した会計不正
第2章 第三者委員会が指摘した4つの事案
第3章 ウェスチングハウスの買収

第4章 取り消されていた減損
第5章 原発工事会社の買収と運転資本不足
第6章 巨額減損の発表

第7章 ウェスチングハウスの破綻と連結除外
第8章 結論不表明と限定付き適正意見

第9章 債務超過回避策と危機の収束
 第10章 上場廃止にしなかった東証の判断

「パソコンのバイセル取引」
「原子力事業の減損問題」
「企業結合の会計処理」
「取得価格配分手続」・・・全てが明らかに。
東芝の不正会計が、日本のどの会社でも起きるようなものだとすると、この事件の本質ーー会計や監査上の問題点ーーを理解しなければ、他山の石になりません。
ただ、会計や監査の知識が乏しいビジネスパーソンにとっては、この事件の理解は困難です。
東芝事件は会計や監査に関する様々な問題を提起しましたが、
この事件の特徴は、東芝から発表された情報のほか、関係者による通報などで、ほぼリアルタイムで事件が進行した点にあります。
しかし、専門家でない読者はもちろん、メディアの報道でも曖昧な(平易すぎる)記述になっていることが、この事件に対するさらなる誤解を招く要因でした。
本書は、会計士の著者が、事件の発端から現在までを分析、平易な言葉で事件の本質を解説するもの。
そこから、会計や監査の諸問題を明らかにしていきます。
過去の経緯を振り返り、会計・監査面から様々な決算・財務情報を正確に分析、東芝事件の総決算を行います。
平易な言葉といいつつも、専門知識がないと理解するのは容易ではないと思いますが、東芝事件の概要は理解できる書です。

<印象に残った一文>
「三様監査の重要性」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東芝事件総決算 会計と監査から解明する不正の実相 [ 久保 惠一 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/14051

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年9月22日 08:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「思考を鍛えるメモ力 (ちくま新書) [ 齋藤 孝 ]」です。

次のブログ記事は「個人情報保護法の逐条解説〔第6版〕 [ 宇賀 克也 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01