ものがたり 現代労働運動史1 1989〜1993 世界と日本の激動の中で [ 高木 郁朗 ]

1989~1993 世界と日本の激動の中で


目次は次の通りです。

第1章 連合の結成
第2章 大きく変わる世界と日本
第3章 連合最初の春闘と総選挙

第4章 国民運動の展開と6つの争議
第5章 湾岸戦争のなかで
第6章 労働組合組織の変化

第7章 連合第2回大会からPKO国会へ
第8章 参議院選挙と不況下の春闘
第9章 細川連立政権への道

連合が結成された1989年から今日に至る日本労働運動の現代史を4分冊で綴るシリーズ。
第1巻では、冷戦終結に象徴される世界情勢と、一方では日本におけるバブル経済の加熱とその終焉という大激動のなか、連合結成以後数年間の日本労働運動の展開を綴ります。
目からうろこの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「現在は過去の上に築かれ、未来は現在の上に築かれる。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ものがたり 現代労働運動史1 1989〜1993 世界と日本の激動の中で [ 高木 郁朗 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/14094

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年10月 6日 09:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「近江商人の哲学  「たねや」に学ぶ商いの基本 (講談社現代新書) [ 山本 昌仁 ]」です。

次のブログ記事は「ある世捨て人の物語 誰にも知られず森で27年間暮らした男 [ マイケル・フィンケル ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01