会社人生、五十路の壁 サラリーマンの分岐点 (PHP新書) [ 江上 剛 ]

サラリーマンの分岐点


目次は次の通りです。

プロローグ 五十路の壁とは?
第1章 「負け組」五〇代にならないために
(バブルの壁ーバブル世代にもっと光を/ポストオフの壁ーサラリーマンの分岐点1 五十路になったらリセット ほか)
第2章 サラリーマンは五〇代からが二度美味しいー「続ける派」へのアドバイス
(「やりがい」の壁ー仕事とは、自分の居場所である/役職定年の壁 出世街道は「外れるが勝ち」-ある大手新聞記者の場合 ほか)

第3章 五〇代からの「出直し」戦略ー「辞める派」へのアドバイス
(選択の壁ー転職に向いている人、独立に向いている人とは/転職の壁ー「ミドルの転職が増えている」は本当か ほか)

第3章 五〇代からあと何年、働きますか
(「長生き」の壁ー人生一〇〇年時代の人生設計/副業の壁ー副業を第二の人生に生かすコツ ほか)/エピローグ 五十にして天命を知る

「五十にして天命を知る」と孔子は言った。
しかし、実際の50代は「迷い、惑う」年代だ。
会社では肩身が狭く、家庭では子どもの学費など出費がかさむ。
これまで真面目に頑張ってきたのに、いつの間にか自分の居場所がないことに気付くーこれが「五十路の壁」だ。
だが、50歳目前で銀行員を辞め、小説家に転身した著者は、こうも言う。
「50代は、やりたいこと、これまでやりたくてもできなかったことを始める絶好のチャンス」だと。
人生100年時代、50代は折り返し地点に過ぎない。
人生の後半戦を充実して過ごす鍵となる考え方、身の処し方を指南する書です。
いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「人生に無駄なことなし」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 会社人生、五十路の壁 サラリーマンの分岐点 (PHP新書) [ 江上 剛 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/14217

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年11月30日 06:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本会議の野望 極右組織が目論む「この国のかたち」 [ 俵義文 ]」です。

次のブログ記事は「会社人生、五十路の壁 サラリーマンの分岐点 (PHP新書) [ 江上 剛 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01